チャットレディーの歴史とは?

チャットレディはいつからはじまったのか、歴史をご紹介していきます!

 

元々はテキストチャットがチャットレディーの始まり

現在のチャットレディーと言われる職業は、元々は、2000年に出現したお仕事が元です。日本では当時、インターネットを利用してできるお仕事の一端としてテキストチャットを相手の方に送り、返事をもらってやり取りをするテキストチャットレディーなるお仕事がありました。
この当時は現在のようにまだ高速なネット回線が整備されておらず、インターネットもADSLのように電話回線を使用していたため、とてもオンラインチャットのようなカメラを利用して相手の方とお話をする手法というものは取り入れることができなかったのです。これについては、1990年代はまだ光ファイバーケーブルの活用が重要な通信手段としてしかされておらず、ネットワーク接続自体が電話回線であったため、テキストにてやり取りをすることで第三者とおしゃべりをしている感覚を疑似的に楽しむことしかできなかったのです。

 

パソコンの低価格化が進んだのは大きい

2000年代から急速に進んだIT利用の影響でパソコンの需要が高まり低価格化が進みました。この低価格化は大きな利点としてチャットレディーを生むきっかけとなったのです。
1990年代においては、パソコンはネットワークに接続することは可能でしたが、20万円を超える高額なものでした。今でこそ10万円以下で比較的スペックの良いパソコンの購入が可能で、さまざまな機能を持ち合わせていますが、当時は買える人もある程度限られていました。しかし、2000年になりIT需要が上がると、見込み価格を抑えた高性能パソコンが急速に市場に出回り、かつ、自宅に居ながらお仕事が可能となる在宅のお仕事が登場し、その一環として登場したのがテキストチャットレディです。2000年になりようやく、パソコンを使用したお仕事の一つとしてテキストチャットレディーのお仕事が広がり始めました。その後、性能が高くなったパソコンに通信が追い付けなくなり、登場したのが光ファイバーです。2003年を境に家庭用に光ファイバーが普及したことでテキストチャットレディーの歴史とは?のお仕事も現在のチャットレディーのお仕事に近づきました。

 

Webカメラの普及でようやく現在のチャットレディーが誕生する

ライブ配信型のチャットレディーの登場ですが、これはwebカメラの普及が関係しています。webカメラは、1991年にケンブリッジ大学で利用法が研究されていました。このwebカメラが急速に普及したのはネット回線が高速回線に移行した2003年です。高速回線に移行したことにより日本でwebカメラが急速に普及しました。普及したことを境に急速にwebカメラの需要を見出すマーケットとしてチャットレディーのお仕事が爆発的に広がりました。逆にwebカメラの需要が伸び悩んでいた場合、チャットレディーのお仕事の形は今と異なっていた可能性も大いにあるでしょう。

 

現在のチャットレディー

現在のチャットレディーですが、媒体はパソコンからスマートフォンに移り変わり、通信方式も無線電波による通信の登場によりどこからでもチャットレディーのお仕事が可能となりました。チャットレディーもアダルト系とノンアダルト系に分かれ、給与なども大きく変わります。ノンアダルトで稼いでる人だと100万近く、アダルトだと300万円近く稼いでる人もいるのです。また、さまざまな需要が増えたことによって、熟女系や人妻系など豊富な種類のカテゴリーが登場しています。基本的には事務所やサービスを提供している企業と契約してチャットレディーになるため、自宅で行うほか、提供された場所を使って配信することもあります。事務所や企業に所属するため、ノウハウがわからない場合でも教えてもらえるので安心です。

在宅チャットレディーランキング

現在、日本国内には数多くの在宅チャットレディーサイトが存在します。 主婦の私が実際に副業をしたことがあるチャットサイトだけをご紹介! 2〜3サイトの登録がおすすめです。募集を締め切ってしまう場合もあるのでお早目に♪
ノンアダルトの在宅チャットレディー
  在宅チャットサイト 女性登録数 設立 最大時給 詳細
マシェリ 7万人 2008年 4,200円 →在宅チャットレディー詳細
ライブでゴーゴー 12万人 2005年 4,200円 →在宅チャットレディー詳細
チャットピア 5万人 2003年 4,500円 →在宅チャットレディー詳細
更新履歴
TOPへ