新型コロナウイルスの影響で夜の蝶たちは転身した?

新型コロナウイルス感染症が世を騒がせると、感染拡大防止のために飲食店の営業自粛が広く呼びかけられました。特にキャバクラなどはお客さんとの距離が近い状態でサービスを行う、ということもあり営業の見直しを要請された業種でした。そうして働く場所を失った水商売の女性が生活を維持していくために、新たな活躍の場として在宅チャットレディーを副業として選んだ理由や事情について考えていきましょう。

 

在宅チャットレディーとはどのような副業なのか

新型コロナウイルス感染症の拡大の陰で、多くのキャバ嬢や風俗嬢が登録した在宅チャットレディーとはどのような仕事なのでしょうか。在宅チャットレディーの業務内容は、パソコンやスマートフォンの映像を通して会員となっている男性とお喋りをすることです。登録形式や在宅チャットレディーとしての経験、登録する代理店によっても単価は変わりますが、チャットした時間に応じて1分単位でお給料が貰えるため、働いた分だけ収入に繋がる仕事である、と言えるでしょう。ノルマを課されることも無いので、働けるときに働く、という自由な副業としての働き方が出来るのも魅力です。

 

主婦が在宅チャットレディーとして働くことのメリットとして、始める上での手軽さが挙げられます。職場ではなく自宅でも行うことの出来る仕事であり、またインターネット環境やスマートフォンさえあれば始められる仕事、ということもあって新型コロナウイルス感染症が世界的な問題になる前にも、女性がスキマ時間にするアルバイトとして人気の副業でした。特殊なトーク力などが無くても始められ、男性の話を聞くだけでも構わないだけでなく、在宅チャットレディーの日常生活や趣味に関する話をしてもいいという話題に事欠かない気楽さも魅力のひとつと言えるでしょう。普通の主婦でも気楽に始められるのが、在宅チャットレディーという仕事なのです。

 

また、在宅チャットレディーは安全な仕事であることもメリットとして挙げられます。在宅チャットレディーは顔を出して働くか音声のみで対応するか選ぶことが出来るため、顔から身元がばれてしまう危険性がある場合は顔を出すことを避けることが出来ます。また、パソコンやスマートフォンのライブ映像越しに会員とお喋りをするため、お客さんとの直接的な接触が無くトラブルに発展する心配がないというのも水商売とは異なるポイントだと言えるでしょう。チャットの時間延長はあってもアフターに誘われたりすることは無いので人間関係に苦慮することなく、適切な距離感をおいて安全にお喋りを楽しむことの出来る副業です。

 

新型コロナウイルス感染症が世界的な問題になってからは、在宅チャットレディーが感染症防止の観点からも安全な副業であることも注目されています。水商売ではお客さんと対面でお喋りをしたり、密着してサービスを行うなどソーシャルディスタンスが保てない仕事であることが問題視されていました。しかし、在宅チャットレディーはライブ映像を通して会員とお喋りをするため直接的な接触が無く、ライブチャットで感染症にかかることが無いことが魅力として注目を集めています。在宅で行えるため通勤のために外出する必要も無く、新型コロナウイルス感染症の感染予防が叫ばれる社会であっても安全に続けられる副業であることも魅力的なのです。

 

夜の蝶が在宅チャットレディーとして活躍する武器

キャバ嬢や風俗嬢など、水商売で生計を立てていた女性たちは飲食店やナイトクラブなどの営業自粛要請で働く場所を失ってしまいました。また、新型コロナウイルス感染症に対する危機感から、お客さんと対面で話す仕事に限界を感じて自ら辞職した女性も少なくは無かったと言います。ですが、これまで水商売で培ってきたノウハウは在宅チャットレディとして働く上でも非常に役に立つ武器として、彼女たちの武器となっています。お客さんとのコミュニケーションを続けながら、安全にちゃんとした収入を得られるチャットレディという新しい舞台で、これまで培ったスキルを武器に水商売出身の女性たちは活躍しているのです。

 

水商売を経験したことによって主な客層である成人男性との会話の経験が豊富になっていることが、在宅チャットレディーとして働く上で武器になります。男性たちがチョイスする話題や会話のリズム、どのような点を褒めると気分が良くなるのかという会話のツボを押さえている点が在宅チャットレディとして働く上で非常に有利なポイントになると言えるでしょう。また、男性が不快にならないように下ネタを捌く技術などもあると、話しやすい女性と思われるはずです。会員と長くライブチャットで話すことによってお給料も伸びていくことになりますので、会話を盛り上げてライブチャットを続けてもらう技術があるとチャットレディとして非常に有利です。

 

男性が話し始めやすい定番の話題を持っていると非常に有利です。男性の仕事のことを訊いたり、最近の暮らしについて尋ねたり、といった何気ない質問で構いませんが、より踏み込んだ「よく自分のことを見てくれている」という一言から始めると男性も気分よく話し始めることが出来るでしょう。会話の糸口をつかんで、お喋りが盛り上がっていくための道筋を作るテクニックが在宅チャットレディーには必須なのです。在宅チャットレディに登録した時に簡単なレクチャーがされることもあるといいますが、誰もが使うテンプレートのような会話ではなくより刺激的な切り口で会話を始められると、他の在宅チャットレディーとの違いを感じてくれた会員にまた指名して貰いやすくなるはずです。

 

水商売を経験している女性の他の強みとして、自分の着飾り方や適切な妖艶さを醸し出す化粧の仕方などを知っているという点が挙げられます。登録している代理店やサイトによっては待機中の在宅チャットレディーの姿を確認できるところもあります。そういったところでは見た目で選んでもらうことが重要なのです。水商売を経験していると指名されるためにどのように着飾ればいいか、というノウハウを持っているため、簡素な着飾り方をしている女性に比べて選ばれる確率はグッと高まるのではないでしょうか。選ばれなくてはライブチャットを繋いでも貰えませんが、選ばれる技術を持っているという点で、水商売を経験した女性はそうでない女性に比べて一歩リードしているのです。

 

また、在宅チャットレディーも会員から指名されてお喋りをすることがありますが、この指名をしてくれる会員に水商売時代の常連さんを呼ぶ、というコネクションがあることも強みになります。そういったお客さんは女性と会話を楽しむことが好きな方が多いので、お酒を飲まない在宅チャットレディーという舞台であってもお喋りをしに馴染みの女性を選んでくれるかもしれないのです。新型コロナウイルス感染症の感染拡大でキャバクラやナイトクラブが営業を自粛すると、そういった女性との会話を楽しむ機会そのものが失われているために在宅チャットレディーなどのサービスも定期的に利用してくれることが考えられます。現実で仲良くしていたお客さんに営業をかけて、在宅チャットレディーとして軌道に乗るまでお喋りして貰うことが出来るのも水商売出身の女性の武器なのです。

 

これまでとは異なる客層を取り込まなくてはならない

在宅チャットレディーとして働くとなると、キャバ嬢や風俗嬢として働いていた時とは異なる客層を取り込む努力をしなくてはならない場合があります。画面越しなので直接的なスキンシップによってアプローチすることも出来ないため、そういった女性との直接的なスキンシップを楽しみにしている男性は、在宅チャットレディーのサービスにハマってくれないかもしれません。また、パソコンやスマートフォンを利用するサービスなので機械に明るくない方や、家族がいて家でのチャットレディの利用をあまり良く思われない方などは在宅チャットレディーのサービスを利用してくれないかもしれないのです。

 

そのため、これまでキャバ嬢や風俗嬢として贔屓にしてくれたお客さんを連れてくるだけでなく、在宅チャットレディに転身するならチャットレディのサービスに適した客層を取り込んでいく必要があるのです。逆にこれまで水商売を利用することの出来なかった層にとっては、キャバ嬢や風俗嬢出身の女性との会話は非常に刺激的で、ハマってくれればリピーターの獲得にも繋がります。そうした女性との会話に飢えている男性に対して細やかな気遣いが出来るかどうかが、在宅チャットレディーとして軌道に乗っていけるかどうかの差になってくるでしょう。

 

そこで大切になってくるのが、自分の水商売で培ったスキルやノウハウを活かすことだけでなく、会員が何を求めているのかを察することです。チャットレディのサービスでは男性とマンツーマンで会話をすることになりますが、その分だけパーソナルな繋がりやコミュニケーションを重視している会員も少なくありません。在宅チャットレディーのサービスを利用している男性の中にはただ女性と会話を楽しみたい、という場合や女性からの視点で自分の悩み相談に乗って貰いたいという希望がある方まで様々です。中には在宅チャットレディーとの疑似恋愛を楽しむことを目的に利用している方もいるくらいですから、客層はキャバクラを利用していた人よりも広くなってくるでしょう。その客層に応じたニーズをどのように満たせるか、ということを考えていかなくてはならないのです。

 

特に、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって様々なイベントが中止となり、これまで婚活に勤しんでいた男性は出会いの場が失われるなど、社会全体で女性との会話に飢えている男性は多くなっています。外出自粛要請の影響でそういった女性との会話に飢えている層やキャバクラなどに通えなくなった層などを取り込んで、在宅チャットレディーのサービスを利用する客層は広がっていると考えられます。広がった客層をどれだけ取り込んで人気のチャットレディになれるか、という点が新型コロナウイルス感染症後の新しい社会でも生計を立てていくために必要な視点になってくるのでしょう。

 

在宅チャットレディーで水商売のノウハウを活かす

新型コロナウイルス感染症の影響で、これまで通りに水商売を続けられるかどうか分からなくなりました。そんな中で、お客さんとコミュニケーションを続けたい、という水商売で働いていた女性が多数、チャットレディを副業として再出発をしています。外出自粛要請で在宅チャットレディーを利用する会員も増えると予想される中、水商売で培ったスキルやノウハウに加えて、在宅チャットレディーとして生計を立てていくための努力を始めているのです。

在宅チャットレディーランキング

現在、日本国内には数多くの在宅チャットレディーサイトが存在します。 主婦の私が実際に副業をしたことがあるチャットサイトだけをご紹介! 2〜3サイトの登録がおすすめです。募集を締め切ってしまう場合もあるのでお早目に♪
ノンアダルトの在宅チャットレディー
  在宅チャットサイト 女性登録数 設立 最大時給 詳細
マシェリ 7万人 2008年 4,200円 →在宅チャットレディー詳細
ライブでゴーゴー 12万人 2005年 4,200円 →在宅チャットレディー詳細
チャットピア 5万人 2003年 4,500円 →在宅チャットレディー詳細
TOPへ